LINE公式アカウント

  1. HOME
  2. ブログ
  3. LINE公式アカウント
  4. LINE公式アカウントとは、LINE@からLINE公式アカウントへの切り替え方法など

LINE公式アカウントとは、LINE@からLINE公式アカウントへの切り替え方法など

2019年4月18日より すでにLINEのビジネスアカウントとして存在していたLINE@がLINE公式アカウントにサービス統合されました。
今まで使っていたLINE@が、今すぐ使えなくなるということはありません。

このLINE公式アカウントを使うには、新規でLINE公式アカウントを作成するか、今まで使っていたLINE@をLINE公式アカウントに切換える必要があります。

2018年夏でLINE@は終了 LINE公式アカウントに切換えましょう

LINE@は2019年の夏には、サービスが停止するので、いつかLINE公式アカウントに切換えなければなりません。
LINE公式アカウントへ切換えなければ、LINEのサービス側で8月19日以降に順次切換えられてしまいます。

このとき「LINE公式アカウントへ切換え完了しました」などという、連絡はありません。
また、切換えないとアカウントがなくなってしまうことはないので安心ですが、管理画面のログインアドレスやアプリが変わってしまうので、何も知らなければパニックになる人もでるかもしれません。

ログインできないときは、切換えられた可能性を考え、LINE@の管理画面ではなく、LINE公式アカウント(LINE for bussiness)の管理画面(https://www.linebiz.com/jp/login/)に今までと同じログイン条件(LINEのメールアドレスとパスワード)でログインができます。
できれば、8月19日までには LINE公式アカウントへの切り替えを行っておきましょう。

LINE公式サイトより

移行しないでLINE社に移行を任せるときに注意しなければ行けないのは、これまでご利用していたLINE@の料金プランにかかわらず、すべてのアカウントをLINE公式アカウントのフリープランへ移行してしまうことです。
移行した場合、プラン変更は翌月からしか変更ができません。
メッセージを1000通以上を月に送っていたアカウントは、自動的に以降された月はメッセージを1000通までしか送れるせん。
必ず8月18日までに切換えておきましょうね。

LINE公式アカウントは4月18日から開始、切り替え可能通知は順次通知

公式アカウントに切り替えは4月18日には一部のアカウントに通知が届き可能でした

切り替えができるかの通知は、LINE@の管理画面やアプリにに図のような切り替えの案内が表示されたアカウントが切換えらることができます。

5月中旬からはこの案内が全アカウントに届いて、いつでも切り替えできるようになります。

楽しみですね。

 

LINE@からLINE公式アカウントの切り替え方法

「LINE公式アカウントへのサービス移行のご案内」
をクリックします

次に有料プランで利用していた場合は、LINE公式アカウントのプランを選択します。
有料プランを利用中の人は フリープラン・ライトプラン:スタンダーとプランの好きなプランに移行手続きで切換えることができます。

気になる料金変更(新たに適用された料金プランで課金が開始される)タイミングは移行完了の翌月です。移行した月は無料で使うことができます。
月のはじめでも、途中、末日でも、月末締めですので覚えておいてくださいね。
フリープランはフリープランのみに変更できます。LINE公式アカウントで有料プランを使いたかった・変更したい人は、LINE@からLINE公式アカウントに移行してから、プランの変更をするとよいでしょう

移行の「OK」ボタンを押すと
公式アカウントへの「サービス移行を開始しますか」
と表示されます。

「OK」ボタンを押すとLINE公式アカウントへの切り替えが完了します
移行を開始すると、取り消しはできまえん。

LINE@からLINE公式アカウントに以降後 LINE Official Account Manrger からログインしてください

LINE@からLINE公式アカウントに移行完了したときに、焦らなくても大丈夫

移行完了するとブラウンの画像がでます。エラーのように感じて、焦りましたが、よく考えるとLINE@のアカウントがなくなったということなので、移行か間虜したのだと理解しました。
移行には最短で数十秒、最大で数十分程度かかるそうです。
私は、スグにLINE公式アカウントにログインできましたが、少し時間をあけてログインするとよいかもしれませんね。

LINE公式アカウントの管理画面にログインしてみよう

LINE公式アカウントになって何が変わるのか

なにより、料金体系が変わります。
0円で効果的な機能(リッチメニューや立地目セージ、ビデオメッセージ等)が使えるようになり、気軽に機能を試せるようになります。
0円のプランで使っていた人は、ぜひリッチメッセージやリッチメニューなどを使って、お客様とコミュニケーションをはかってください。
ただし、メッセージの重量課金になりまので、お友だちがたくさんいて、たくさんメッセージを一斉配信する人は、料金が上がってしまうかもしれません。

LINE@のまま運用するか、LINE公式アカウントに切換えるかの判断方法

メッセージの配信数をみてください。
月に1000通以上配信していない人は、フリープランへ切換え、
月に15000通以上配信していない人はを15000通以上配信しているひとは、スタンダードプランに切換えると良いでしょう。
ただし、15000通以上配信している人は、上級者ですので、LINE公式アカウントのライトプランに変更して、セグメント配信した方が、効果が出やすいですよ。

LINE公式アカウントでできること。機能紹介

一斉送信

メッセージ機能 友だち追加したユーザーに対してメッセージを一斉送信することができます。

チャット

個別でチャットを行うことができます、 機能が拡充され、グループトークができるようになりました。

セグメントメッセージ

全てのプランで、ターゲットを絞って、メッセージを配信できるようになり、訴求性がさらに高まりました、

自動応答機能/キーワード応答機能

リッチメッセージ

リッチメニュー

リッチメニューは、LINE公式アカウントのトーク画面をユーザーが訪れた際、画面下部に大きく開くメニューです。メニュー内をタップすると、外部サイトへの誘導や事前に設定したキーワードの送信などを促すことができます。 商品購入やサービス利用・来店などのインセンティブとして、デジタルのポイントをLINE上で発行・管理できる機能です。

ショップカード

クーポン・抽選

LINE上で使用できるクーポン・抽選が作成できます。作成したクーポンや抽選はメッセージ・タイムラインなどで配信・投稿が可能です。

タイムライン投稿

関連記事