LINE公式アカウント

  1. HOME
  2. ブログ
  3. LINE公式アカウント
  4. LINE公式アカウントを登録・開設しよう<開設手順>

LINE公式アカウントを登録・開設しよう<開設手順>

LINE公式アカウントが2019年4月18日から 誰もが登録・開設できるようになりました。
パソコンからのLINE公式アカウントの開設方法を説明します。

LINE公式アカウントサイトにアクセスする

①LINE for Bussiness(※)にアクセスする
※ https://www.linebiz.com/jp/

②「アカウントを開設する」をクリックする

LINEアカウント種別を選ぶ

③「認証済みアカウントを開設する」「未認証済みアカウントを開設する」のどちらか希望するアカウント種別をクリックする。

アカウント種別について

未認証アカウントとは?

個人・法人問わずLINE社の審査なしで誰でも作成できるアカウントです。
基本機能は認証済アカウントと変わりません。

認証済アカウントとは?

LINE社所定の審査が必要になります。審査を通過すると取得できるアカウントです。
未認証済みアカウントとの特徴・違いは、下記の通り

  • ブルーのアカウントバッジが付与される
  • LINEアプリ内での「友だち」検索結果に表示されるようになる
  • LINEのキャラクター入りの販促用ポスターデータが管理画面からダウンロードできる
  • 利用料が請求書決済支払い(掛売り)ができる

ログインしよう

④「LINEアカウントでログイン」もしくは「ビジネスアカウントでログイン」をクリックしてログインしましょう。

これまでと同じようにLINEのメールアドレスとパスワードでログインできるのは、「LINEアカウントでログイン」です。つまり、普段LINEアプリで利用しているLINEアカウントでのログインです。LINEアプリ内で「設定」>「アカウント」のメールアドレスとパスワードの事前登録されていることが必要です。

そして、もうひとつのLINE Business IDにより、LINEと紐づいているメールアドレスではなく、別のメールアドレスでLINE公式アカウントにログインができるようになりました。つまり、業務で利用しているメールアドレスでログインが可能になり、個人のLINEアカウントを利用したくないという場合に利用できます。

アカウントを確認してログインしましょう

④ログインをクリック

アカウントの申し込みをしよう

⑤ アカウント名には、「店舗名」「ブランド名」「サービス名」などを入力しましょう。会社名と店舗名や・サービス名が異なる場合は、電話帳やホームページなどでオモテに掲載している名前を優先して登録しましょう。

 

⑥業種・申し込みタイプを選びましょう

(業種と小業種一覧はこちら>>)

⑦申し込みタイプは下記の6通りから選べます。
  • 店舗
  • 企業・サービス・製品
  • メディア
  • 公共機関・施設
  • オンラインショップ
  • Webサービス/アプリ
店舗施設情報を入力しましょう


⑧ 未認証アカウントの入力はココまでで、⑫の確認ボタンをクリックすれば完了です。
認証アカウントはまだ入力が必要です。まず、申し込みタイプに応じた情報入力があります。

会社情報を入力しましょう

⑨会社情報を入力しましょう。店舗やメディア、サービス、製品などは、店舗・施設情報には、それぞれの名前を入れましたが、会社名が違う場合は、ここに会社名をいれます。
同じであれば 「店舗情報をコピーする」を押せば、自動的に入力してくれます。

申込者情報を入力しましょう

⑩申し込み担当者の情報を入力します、

入力内容を確認しよう

⑪LINE公式アカウント利用規約を確認してから、入力「確認する」をクリックする

入力内容を確認しよう

表示された内容を確認して「完了する」をクリック。

LINE公式アカウントの登録・アカウントが作成完了

⑫登録・アカウントが作成されました。

  • 表示アカウント名
  • 業種
  • ベーシックID(LINEID)

が確認できます

引き続き、初期設定の登録やアカウントの運用を行うときは、緑のボタン「管理画面「LINE Official Account Manager」をクリックして、ログインしてください。

なお、LINEアカウントでログインしている場合、この時点で自分のLINEに今作成したLINE公式アカウントが友だち追加さ去れています。LINEアプリで友だち追加メッセージが届いていることを確認してください。

関連記事