LINE公式アカウント

  1. HOME
  2. ブログ
  3. LINE公式アカウント
  4. LINE@から公式アカウントに切り替えをギリギリまでやめておいたほうが良いアカウントの特徴

LINE@から公式アカウントに切り替えをギリギリまでやめておいたほうが良いアカウントの特徴

4/18日より、LINE公式アカウントに切り替えができるようになりました。

LINE公式アカウントが利用できるようになって
低予算のアカウントもいろんな機能が使えるようになり
お客様も大変喜んでいます。

ただし、5000円の有料プランでLINE@を使っていた場合、
公式アカウントへ切り替えを ギリギリ待ったほうが良いアカウントもあります。

LINE公式アカウントへの切り替えを当面見送ったほうが良いかもしれないアカウント

1。配信数が多いアカウント

月に メッセージの送信回数 × 有効友だち数 の平均が15000を超えているアカウントは、重量課金になるため 費用が増えてしまいます。今は 有効友だち数でメッセージ配信が無制限ですから、思う存分配信してください。

2。リッチメニューで画像ではなくて、アイコンを使ってメニューを使っているアカウント

公式アカウントでは リッチメニューにアカウントは使えません。画像を準備しないといけません。

3。iPhoneでしか管理画面にログインできない人

iOS用の LINE公式アカウントアプリが まだ用意されていないからです。
Safariなどブラウザからパソコンのようにログインしてもらえば できないこともありませんが・・・

LINE@MANEGERより
「LINE公式アカウントのiOS版管理アプリは準備中で提供時期は未定です。
iOS版LINE@アプリのみでLINE@を利用されている方はサービス移行をお控えいただくか、Web版管理画面もしくはAndroid版管理アプリをご利用ください。」

4。リサーチ機能でアンケートをとっている方

LINE公式アカウントでは、リサーチ機能は有料になります。
有効にリサーチ機能を使っている人は ギリギリまで使い倒すことをお勧めします。

※公式アカウントでもリサーチ機能を使い方は 弊社までご相談ください。
実現したい内容によっては、お得な代替案をご提示できると思います。
ただし、公式アカウントのリサーチ機能は 友だちだけでなく、接触のない方にもリサーチすることが可能です。
どちらにせよ、リサーチ機能をご希望の方はご連絡いただければ、実現に向けてサポートいたします。

まとめ

以上の4点に該当しているアカウントは 公式アカウントの旨味とどちらを優先すべきか考えて、切り替えのタイミングを考えてください。

ただし、8月18日には切り替えてましょうね。
トラブルがあってはいけないので、せめて1週間前くらいの11日までに移行してしまう方が良いかもしれません。

切り替えを行わないと、ライトプランに自動的に切り替えられてしまいます。
1000人以上のお友だちがいる場合、1ヶ月以上配信ができなくなりますので、注意してくださいね。

▼弊社ArtsWebからのLINEに関する情報はこちらに統合します名古屋LINEサポートに友だち追加する

よくある質問

LINE@からLINE公式アカウントに移行しようと思いますが、iOSが使えないのなら今は移行すべきではないでしょうか

<問い合わせ>
LINE@のアカウントをもっているのでLINE公式アカウントへの移行を試みようと思いました。
普段、iOS版管理アプリを使用しているので、iOS版管理アプリができるまで移行を待ったほうがいいのでしょうか?
それとも、今のうちに移行しておいてPCでWeb版管理画面から使用するほうが望ましいのでしょうか

<回答>
上記条件をもう一つでも当てはまるなら やめておいたほうが良いかもしれませんね。
これまで費用が0円のプランだった場合、リッチメニューやリッチメッセージ、音声やビデオなど使えませんでしたよね。
LINE公式アカウントでは使えるようになります。これらが使いたいのであれば、公式アカウントに切り替えてはいかがでしょうか。
PCからの管理画面、iOSでもサファリなどブラウザからログインすることで解決もできます。

iOSアプリからしか運用する自信がない方はやめておきましょう。

移行通知が届かないのはなぜでしょうか

<問い合わせ>
公式アカウントに移行したいのに、移行通知がとどきません
なんとかは止めることはできませんか

<回答>
LINEさんの正式な回答ではないため、間違っているかもしれませんが、私としては2つのことが考えられます。

1。代理店経由でアカウントを開設した
2。クーポンやリサーチ機能など 有効期限が先まで続いている

1。代理店経由でアカウントを開設した
代理店経由の場合は、代理店を通さないとアカウントの変更ができません。
おそらく、代理店からメールなりで連絡が届いているはずですので、ご確認ください。
代理店経由でアカウントが開設されている場合、一般的に移行の受付が始まっていて、7月からようやく切り替わるようです。
移行の申し込みが、遅ければさらに伸びるようですので、早めに移行したい方は代理店への返信もしくあ代理店に連絡してくださいね。

2。クーポンやリサーチ機能など 有効期限が先まで続いている
今 配布している クーポンやアンケートなどの有効期限を確認してください。
有効期限が継続していませんか?
特にリサーチは公式アカウントでは使えませんので、有効期限が切れるまではアカウントの移行通知は届かないと推測しております。
リサーチ機能がそこまで重要でないとお考えの場合は、有効期限を早めても見るのも一つの手段です。
ただし、すでにお友だちに配布してしまった者に対しては 期限の変更ができませんので、期限が過ぎるまで待ちましょう。

LINE@移行への切り替え方法と注意点

関連記事